アメリカの高速鉄道

ヨーロッパやアジアなどの地域では当たり前のように普及していった高速鉄道ですが、経済大国のアメリカは高速鉄道が普及しなかった歴史があります。一般的な鉄道や地下鉄はありますが、世界一流と言われている技術を有するアメリカで普及しないことに疑問を持っている人もいます。

普及しなかった最大の理由として、アメリカは広大な土地を車で移動する習慣があるからです。車社会のアメリカでは今まで高速鉄道が求められなかった経緯があります。車以外だと飛行機で移動する人も多いことから、鉄道で都市間を移動する人は少ないのです。限られたエリアを短時間で移動できるメリットがある高速鉄道ですが、都市間が離れているアメリカでは総工費も莫大なものになるので、計画があっても実現してこなかったです。

しかし、アメリカ初の高速鉄道になる「カリフォルニア高速鉄道」の工事が進められています。2025年開業予定で、サンフランシスコとロサンゼルスを2時間半で結ぶことができる高速鉄道に期待が寄せられています。資金や計画への問題や課題がありますが、都市間を移動できる夢の高速鉄道は、カリフォルニアの移動手段が変わるきっかけになるでしょう。開業すれば様々な用途でカリフォルニア高速鉄道が利用されることが予想されています。