欧州の高速鉄道

欧州の高速鉄道を語るうえで外すことができないのがフランスのTGVです。日本の新幹線と共に長い歴史があり、開業したのは1981年になります。現在はフランス国内に留まらず、スイスやイタリア、スペイン、ベルギーなど隣国の都市にTGVで行くことができます。最高速度は320キロで、当時世界記録だった日本の新幹線のスピードを塗り替えたことでも知られています。

ドイツはインターシティ・エキスプレス、通称ICEと呼ばれている高速鉄道が走っています。工業国らしい最新技術を駆使して1991年に開業しました。サービスの質とクオリティの高さに定評があります。現在はドイツ国内に留まらず、隣国のフランス、スイス、ベルギー、オランダなどにインターシティ・エキスプレスで行くことができます。

イギリスとヨーロッパ大陸を結ぶ高速鉄道として知られているのがユーロスターです。1994年に開業してから年々車輌のスピードが上がっています。現在ロンドンとパリの間を約2時間20分で運行しています。現在はパリだけに留まらず、オランダのアムステルダムまで行くことができます。

この他にもイタリアのフレッチャロッサ、スペインのAVE、スイスのベルニナ急行、ベルギーのタリスなどの高速鉄道が知られています。